ETCカードのアメックスは?

ETCカードを作るときに、アメックスカードではどうでしょうか。

大手のクレジット会社であるという安心感もありますし、初年度は会費無料、次年度以降も1度でも利用があれば年会費が無料になるシステムですからお得ですね。

ETCカードが欲しいなと思ったら、もともとのクレジットカードも合わせて契約することになりますから、使い勝手の良いカードを選ぶのがおすすめですす。

アメックスでは、世界各国で信頼されるカード会社で、オンライントラベルや、海外旅行に使える保険、ショッピングの保障などが利用出来て高級感があり、憧れのカードとといったイメージがありますね。

ETCカードの利用代金は、アメックスカードの利用代金と一緒に請求されます。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから親からカードを借りてくる。

という学生の話を見かけます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらこんな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一体型ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

一体型カードは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり世間的に知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため支払額に応じての通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所に来た際に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

ここ数年でノマドワーキングというスタイルが増えていると聞きます。

その中には独立して個人事業主や起業して社長となる人も増えています。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して・・・というのはかなり面倒そうです。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

高速道路料金支払い時に使っているETCカードの場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じで法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車載器にカードを挿入する際はカードの向きに気をつけましょう。

オモテ面ウラ面などカードの向きが違うと認識されません。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同じように無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを申し込もうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即引き落とされてしまう方法では何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

就職や転勤などで生活環境の変化により車に乗らなくなった。

そんな時に年会費が設定されているETCカードを所持している方はカードの停止を考える方が多いと思います。

クレカと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなど各カード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように手続きが完了するまでの期間には幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし使っていない・持っていないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

オリコUPty iDの口コミと詳細は?【ETCカードの作り方】