ETCカードを作れるクレジットカードは?審査基準はどう?

カードローンのイメージが強いアコムですが、実はクレジットカードも発行しています。
その名もACマスターカード。
ほかよりも審査が通りやすいクレジットカード、または当日から手に入れられるクレジットカードとして人気が高いようです。
ただ、ほかの一般的なクレジットカードではほとんどにあるポイントサービスとか、旅行の保険とかはありません。
また、家族カードやETCカードの追加もできません。
...どうりで、ETCカードの作り方を公式サイトで必死に探してもわからないわけだよ...。
つまりアコムのカードでは、ETCカードは作れないってことですね。
それでもこれを作りたい!っていう人がいるのは、やっぱり独自の審査基準を持っているため、ほかの審査が通らない人でも通る場合があるってところが大きいのでしょうか...。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし使っていない・持っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカを発行している会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどに代表される年会費無料の会社がいいでしょう。

高速道路を使わなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人に対するカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

ETCカードを挿入したままにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一度落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に紛失だったとしても絶対に警察への届け出をしてください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレカ会社発行の場合各カード会社への連絡になるので連絡先が異なります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがクレジットカード会社が発行しているETCカードで高速道路を利用するだけでもポイントが付与されるのを知っていますか?例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付きますがETC利用でも同様のポイントが付きます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、基本的にはETC利用時は付与率が減少していることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路をよく利用する方は還元率の面から選ぶのもいいかもしれません。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方やレンタカーを返す際に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

ETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードもあり、市の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即引き落とされてしまう方法では何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここではまだETCカードを持っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料カードの中でもカード特典で一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

引用:ETCカードの作り方は?即日受け取り可能?【特典やポイントでお得】